2014年07月21日

なんですか?コレ。

海の日。

対岸近くにある海水浴場のアナウンスがうるさく感じられる中、釣行した。

8時頃から開始したと思うが、川寄りのポイントでフグが食う程度で、

少し沖寄りのポイントでは全くの無反応だった。

3時間程度経過した頃、カニを落とした瞬間に何かに攫われる。

全く手応えのない引きにヌーと浮いてきたのは、何やら細長い魚体。

これって鱸かな?それにしては引きが弱い。

と思いつつ、玉網入れ。

堤防に上がり、常連のおじさんに

「なんすか、コレ?」

答えは「ニゴイ」との事。

まあ、河口だからあり得るけど黒鯛釣りで淡水魚が釣れたのは初めてだ。

せめて食べられる魚が釣れて欲しい。

posted by okapi at 22:01| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック