2012年07月19日

★番外編★【低予算節約型インプット・アウトプット術】 まとめ

@スマートフォンを購入し通信定額サービスを利用すればいつでもどこでも何でもできていいじゃないかと思う方も多いと思う。

実際にそうだろうと思う。

ただ、そのために毎月の通信料定額サービスの負担が増えることが嫌だ。

毎月発生する金額は言ってみれば「固定費」となる。

その分だけ生活のコストが上がるということだ。

また本をすべて購入するというのも同じだ。

こちらは毎月購入金額が変わるだろうから固定費とはいえないかも知れないが

図書館で済むものであればそれでいいと考えている。

通信固定費と本題でトータル1万円浮けば年間で10万円ほどの違いがでる。

使ったと思って寄付するもよし、証券投資をする方なら証券口座へ振り込むもよし、大きな買い物に向かって積み立てるもよし。

アウトプットに感していえば形になっているのは当ブログのみだが、

人生に対する向き合い方から健康、家庭菜園、仕事、など私の人生の全般にわたって本から計り知れない影響を受けている。

今まで読んできた本から今の生活が成り立っているともいえる。

今後も多くの本とともに人生を楽しんでいきたい。





posted by okapi at 04:00| 新潟 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

★番外編★【低予算節約型インプット・アウトプット術】 GH

G記録ファイルから本リストタグで検索し本リストに記載した本は「カーリル」へ登録。

・「記録」ファイルはメモ帳を利用している。

 シフトキー+Fキーで検索窓がでてくるのでそこに「本リスト」と入力し検索する。

 上から順番に検索し本の題名をコピーし「カーリル」に入力、「読みたい本リスト」に追加していく。


H読書日記タグはブログへコピペし記事としての体裁を整え(アマゾンへのリンクをつけて)自動投稿設定し一日一本の記事を投稿する。

・アウトプットといっても当ブログに投稿するだけのことだ。

 「記録」ファイルから先ほどの検索方法にて「読書日記」タグを検索し、書き溜めていた読書日記を投稿する。

 一日に一冊投稿するように投稿日を予約していけば完了。






posted by okapi at 04:00| 新潟 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

★番外編★【低予算節約型インプット・アウトプット術】 EF

E読了した本については「ポメラ」で読書日記タグで感想や箇条書き、抜き書きを実施。

・本を読んでいるときには必ず「付箋」を片手に持っている。

 気になる部分や疑問点、確認したい点、賛成できる点、なるほどと思う点、などに付箋を貼っていく。

・読了後、本に貼ってある付箋を元に「読書日記」を作成。

 付箋の箇条書きの時もあれば、書評風にまとめることもある。

 これは読んだ本の種類による。


F1ファイル分(8000文字)書き貯めたらPCの記録ファイルへ転送。

・ポメラ(DM10)は一つのファイルに8000文字までしか記入できない。

 私の場合、メモや日記、本リストなどを時系列で記入しておおよそ2週間で1ファイル書き終える。

 書き終えたらPCの作ってある「記録」ファイルに移行する。





posted by okapi at 04:00| 新潟 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

★番外編★【低予算節約型インプット・アウトプット術】 D

D一冊読了したら「カーリル」にて予約のない本に図書館の予約を入れる。

・低予算で自分の興味を満たしていくには図書館で借りるのがベスト。

 新刊書店では少し前に発売された本は取り寄せになり時間がかかる。

 それでもこれはネットで購入する方法で解決できる。

 これなら中古を検索し安い値段で購入できる可能性も高い。

 私は年間100冊以上の本を読むために置き場の問題もある。

 ビジネス書では本は自分で購入を主張しているのをよく見かけるが購入にこだわる理由が

 「自腹を切ることで真剣になる」というようなものは理解できない。

 そもそも、自分が好きで興味のある物なら真剣になるだろう。

 興味のない物はいくら自腹でも真剣になれないことだろう。





posted by okapi at 04:00| 新潟 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

★番外編★【低予算節約型インプット・アウトプット術】 BC

B基本的には図書館で借りて読む。

・無い本はブックオフ、アマゾン、リアル書店に購入


C読書の進行状況は「読書の定義」で管理。

・これにより、貸し出し期限内に読み終われない本をもう一度借りるときに
 
 どの本が読了できていないかすぐにわかるので便利。

 利用している図書館は2週間貸し出し期間があり、他の人の予約がなければもう2週間延期できる。

 それでも読み終われない本がどうしてもでてくる。

 こうした場合に「読書の定義」の積ん読状態の本の中から借り直す。







posted by okapi at 04:00| 新潟 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

★番外編★【低予算節約型インプット・アウトプット術】 A

A「ポメラ」に日付とともに本リストタグで記載

・ポメラを愛用している。
 
 その魅力はなんといっても起動の早さだ。

 電源を入れて数秒で書き込み可能である。

 また、少しサイズは小さいがキーボードがついているので入力がとても楽である。

 私にはスマートフォンや携帯電話ではっこの入力スピードは出せない。

・ポメラには何でも入力しておく。

 F2キーを押すと年月日と時刻が自動的に入力される。

 これでいつ記入したものかすぐにわかる。

 この日時のあとにスペースを一つ入れて「タグ」を入れる。

 これは「日記」であったり、「本リスト」であったり「読書日記」、「農」であったりする。

 読者が試すときには自分にあったタグを設定すればいい。 

 タグといっても決まったキーワードを打ち込むだけである。

 一つで足りなければ二つ入れてもいいだろう。

 後で検索したときに見つけられればそれで問題ない。

 この辺りは「情報は1冊のノートにまとめなさい」を参考にしている。

・@で見つけた本は日時と「本リスト」のタグで入力しておく。 

例)

2012/07/12 16:05 本リスト
・読書日記







posted by okapi at 04:00| 新潟 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

★番外編★【低予算節約型インプット・アウトプット術】 @

当ブログは私が読んだ本の感想や気になったことを投稿するのが基本だ。

 今回は番外編として【低予算節約型インプット・アウトプット術】を連載してみたいと思う。

 これを思いついたのは、最近自分の読書のスタイルに一定のパターンが出来上がっているので

もしかしたら誰かの役に立つかもしれないと思ったこと、 

それから、他のブログではスマートフォンを駆使した方法を盛んに取り上げているが、

私自身毎月の通信料がもったいないという思いがあること、

 さらには、自己啓発系の書籍で本は自分で購入を主張しているものが多いが、

様々な考え方があってもいいのではないかという考えからである。

 それでは少しずつ、順番に投稿していくことにする。 

 @新聞、雑誌、ネット、本屋、図書館のHPなどで読みたい本を見つける。

 ・(新聞)朝刊の下に書籍の広告が載る。

 ここには興味をそそるタイトルの本が紹介されることが多い。

 また日曜日の書評欄にも気になる本が新旧交えて紹介される。

 ・(書籍)読書中の本の中にも様々な本が登場する。

 引用であったり、ある人物の解説書であれば当の人物の著書の紹介はあるだろう。

 ・(雑誌)専門雑誌をみている場合にはその専門に関する本が多く紹介されている。

 ・(ネット)よく見に行くブログであればそのブログの運営者の著書であったり、運営者が薦めている書籍が紹介されていたりする。

  また、興味を持ったテーマについてネット検索をかけていて本を見つけることもある。

 ・(本屋)もちろん、直接本屋で見つけることもある。

 週に数回新刊本屋や古本屋を巡りアンテナを張り巡らしておく。

 ここまでで興味を持った本はポメラ(KING JIMのデジタルメモ)に書き込む。

ポメラへの記入方法は後で詳しく紹介する。

 ・(図書館)ネットで予約しておいた本を受け取りに図書館へ行った際は新しい雑誌を一通り眺めた後、

 新刊本を始め最近興味を持っている棚の前で眺め本を物色する。気に入った物があればその場で借りて帰る。

(続く)







posted by okapi at 09:00| 新潟 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする