2014年07月30日

スピード勝負に勝てない訳は?

暑い。

先日、副業(サラリーマン稼業)がお休みにて本業(釣り)に行こうと思ったが

あまりの暑さに海水浴に切り替えてしまった。

今日も暑かったがサボらず釣行した。

背後から強烈な日差しが背面をジリジリと焼き付ける。

全身からねっとりと汗が滲み出る。

水門が降りているせいか、流れは穏やか。

あたりはフグの物がほとんどで、クロのコツコツッというあたりはない。

二時間ほど粘り、竿先をひったくるあたりが来た。

すかさず、あわせを入れる。

元気に引くが玉網要らずの20センチのクロだった。

近頃の本格的な暑さで大物釣りから数釣りへ移行しているのか、と考えながら

更に一時間粘る。

また、ひったくるあたり。

これも元気に引くが25センチと小柄のクロだった。

他にもこの「ひったくるあたり」は時折出るけど、どうもあわせが遅く竿に乗らない。

昨年までは こんなことなかったはずだけど。

そういえば最近、近くの物が見えにくくなってきて「老眼」の傾向在り。

素早いあたりにあわせ遅れるのも「老化」なんでしょうか。

この説を否定する為にも次回はあわせ負けないようにしたい。

posted by okapi at 21:26| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

予定通り?

曇り空。

天気予報は午後から風が強まり、波も高くなりそう。

その境目の海が変化する辺りにチャンスがある、と睨んだ。

8時頃から釣り始め、9時頃に20センチが一枚。

その後もフグはわりと頻繁に口を使うが本命はなかなかこない。

10時頃、やや風が強くなってきた。

そして、実績の高いポイントにてヒット!

も、最初の引き込みであっさりバラシ。

だけど、今が時合いのはずと同じポイントにてねばる。

3−4投目に再び当たり。

クロの走る向きと竿の向きを確認しベストの状態と保ち慎重にやり取りをする。

水面に出てきたクロは盛んに顔を振るがハリもはずれない。

余裕で玉網入れし30センチ、塩焼きサイズか?と堤防へあがると40センチ。

思ったよりもいいサイズだった。

そのももう一時間ほど粘るが風が強まり11時納竿とした。
posted by okapi at 21:19| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

なんですか?コレ。

海の日。

対岸近くにある海水浴場のアナウンスがうるさく感じられる中、釣行した。

8時頃から開始したと思うが、川寄りのポイントでフグが食う程度で、

少し沖寄りのポイントでは全くの無反応だった。

3時間程度経過した頃、カニを落とした瞬間に何かに攫われる。

全く手応えのない引きにヌーと浮いてきたのは、何やら細長い魚体。

これって鱸かな?それにしては引きが弱い。

と思いつつ、玉網入れ。

堤防に上がり、常連のおじさんに

「なんすか、コレ?」

答えは「ニゴイ」との事。

まあ、河口だからあり得るけど黒鯛釣りで淡水魚が釣れたのは初めてだ。

せめて食べられる魚が釣れて欲しい。

posted by okapi at 22:01| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

逃がした魚は大きいと言うが・・・

雷注意報が出ているとのことで様子を見ていたが、

天気は良くなる方へ向かっている様子にて釣行した。

連日の雨のせいか、河口の水門が閉じていた。

海水は泥色に濁り、草やごみがたくさん流れてきていた。

10時半頃から釣り始めるも全く当たりなし。

フグさえ食ってこない状況が二時間ほど続く。

雷どころか、日差しが強くなり肌をジリジリと焼く。

お昼を過ぎ、そろそろ最後の一投というとき、竿先を押さえる当たりがきた。

すかさず合わせると、猛烈な引き込みが襲ってきた。

それでも少しずづ浮かせているし、障害物もない。

顔を水面に出し、空気を吸わせてしまえば大丈夫と考えながらこらえていた。

そして、ようやく水面に顔が見えた。

デカイ!と思った瞬間、スッと竿が軽くなる。

はりが口からはずれてしまったようだ。

興奮と強烈な引きでしばらく手の震えがとまらなかった。

posted by okapi at 20:47| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

竿を折る・・・そして記録更新(7月5日分)

天気予報で確認していたように、やや風の強いコンディションだった。

エサのカニを集めて、竿の準備をしている時に、

ポキッ・・・・。

もう20年近く前に入手した竿だけに経年劣化していたのか穂先が折れてしまった。

今日の釣果を占うような嫌な感じ。

トップがなくとも釣にはなるだろうと考え、そのまま仕掛けをセットし釣りはじめる。

海水は透けて、潮位は低く、潮の流れも穏やか、厳しい日差し、

風だけがやや強く微妙なあたりが取りにくい状況だった。

遠くの山や、島がくっきりと見え、白い雲が水平線ののっかっているような気持ちのいい眺め。

沈みテトラの奥を流している時にファースト・ヒット。

あわせてみると、穂先をググッ、ググッと引き込みクロとわかるも、直後にはフワッと竿が軽くなる。

穂先がないのであわせが遅れたのか?と思い、嫌な予感が強まる。

エサ取も食ってこない状況で、好釣果の実績のあるポイントもあたりなしの状態が続く。

釣り始めから1時間半程度過ぎた頃、あまり実績のないポイントを攻めていると、これも微妙な辺りがきた。

フグのあたりのようにも感じたがともかくあわせると、

ガン、ガンと強烈に引き込んでいく。

周囲に沈みテトラなどないことを確認しつつも、強引に浮かせる。

トップがないからかいつも以上に竿がパワフルに魚を引き上げる。

玉網におさまったクロは45・5センチ。

自己ベスト更新だった。

帰り間際、20センチのクロがもう一枚来たが、こちらは大きくなってからまた会うことにし、

お引取り頂いた。




posted by okapi at 05:51| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

もう、言いません!!

昨日、黒鯛が釣れたので調子に乗って友人に

「そろそろ、子供達が「黒鯛、飽きた」とか言い出すんだよ。」

なんて自慢気に言ったものだから・・・。

今日はベタ凪。平日にて人も少なく、潮は透けていて、いいのやら、悪いのやらという環境。

潮があんまり透けているので、いつもと違い底を狙ってみた。

しぶーいあたりにあわせると、30センチ弱のアイナメが釣れた。

まあ、底を狙ったので根魚が来るのは当然だ。

その後もしつこく棚を変え、場所を変え、してみたけど、結局上記のアイナメ一本のみ。

まだまだ、食べ飽きるほど釣ってません!!。

また、自分の竿に来てください!!

posted by okapi at 13:51| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

色白がお好き?

青空、白い雲、さわやかな風、好条件での釣行だった。

若干、波気はあるもののそれが「釣れそうな」雰囲気を出していた。

期待を抱きつつ釣り始めるも、生物反応が薄い。

いつものフグの猛攻もほとんどない。

一時間ほど経過し、初心に帰りこんなときは錘を軽くしてみようと考え、

がん玉をワンランク下のものに変更。

また同時に、エサのカニを薄い色の色白系に変更してみた。

なんとなく海中で目立つのではないかと考えてのことだ。

すると、渋いながらもあたりがでる。

うまく竿に乗らず、二投目、やはり渋いあたり。

訊くようにあわせると竿を絞り込む引きが来た。

30センチ程度の黒鯛を仕留めた。

その後も何故か色白のカニにはあたりが出るがノーマルな色のカニは無視。

今日は色白の娘が人気のようでした。

結局、釣果は上記の一枚のみにて納竿。
posted by okapi at 21:48| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

波高く、人多く。(6月22日分)

3日連続で釣りに出かけた。

今日は日曜日。

天気予報では波は1メートルだ。

現場では予想以上に波が高い。

また、出発が遅く、時間も短い。

日曜日ということもあって今まで見たこともない前打ち師がたくさんいた。

結果がボウズ。生命反応が感じられない。

けど、若い釣り師が40センチクラスをあげていた。

うーん、探究心が足りない。

posted by okapi at 04:57| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

47センチ・・・。

昨日のリベンジのために本日も釣りに行ってきた。

今日は土曜日で人が多いかと思えばそれほどでもなかった。

ちゃんとウェスト・ポーチも持参したし、飲み物も持って行った。

8時ころから釣り始め、8時30分に一枚、9時30分頃に一枚。

22センチ、25センチと可愛いサイズだった。

合計47センチでした・・・。
posted by okapi at 13:05| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集中できない釣り(6月20日分)

なんとも集中できない。

曇り空の中、釣りに出かける準備として保冷袋の中に保冷剤と飲み物を準備する。

道具を持ち自転車に乗っていざ出かける。

半分程度進んだところで、大粒の雨が降り出す。

降水確率50%にもかかわらず、雨具の用意がない。

諦めて、引き返す。

家の近くまで来ると雨はあがる。

気持ちを立て直し釣り場へ向かう。

エサのカニを採り、仕掛けを作ろうとするもライフジャケットのポケットが空っぽ。

あぁ、もう暑いからと先日、道具を全てウエスト・ポーチに入れ替えたのだ!

仕方なく、予備の道具で釣り始める。

フグ(大1尾、小1尾)の当たりが続く。

フグの当たりが途切れ、時合い入りを感じるも時間切れにて納竿。

防波堤を歩いていると他の人が40センチの黒を仕留めていました。

はぁ。
posted by okapi at 04:59| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする