2015年12月08日

2015年12月07日のつぶやき #dokusyo


posted by okapi at 00:01| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

2014年07月30日のつぶやき #dokusyo


posted by okapi at 00:01| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

スピード勝負に勝てない訳は?

暑い。

先日、副業(サラリーマン稼業)がお休みにて本業(釣り)に行こうと思ったが

あまりの暑さに海水浴に切り替えてしまった。

今日も暑かったがサボらず釣行した。

背後から強烈な日差しが背面をジリジリと焼き付ける。

全身からねっとりと汗が滲み出る。

水門が降りているせいか、流れは穏やか。

あたりはフグの物がほとんどで、クロのコツコツッというあたりはない。

二時間ほど粘り、竿先をひったくるあたりが来た。

すかさず、あわせを入れる。

元気に引くが玉網要らずの20センチのクロだった。

近頃の本格的な暑さで大物釣りから数釣りへ移行しているのか、と考えながら

更に一時間粘る。

また、ひったくるあたり。

これも元気に引くが25センチと小柄のクロだった。

他にもこの「ひったくるあたり」は時折出るけど、どうもあわせが遅く竿に乗らない。

昨年までは こんなことなかったはずだけど。

そういえば最近、近くの物が見えにくくなってきて「老眼」の傾向在り。

素早いあたりにあわせ遅れるのも「老化」なんでしょうか。

この説を否定する為にも次回はあわせ負けないようにしたい。

posted by okapi at 21:26| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

2014年07月23日

予定通り?

曇り空。

天気予報は午後から風が強まり、波も高くなりそう。

その境目の海が変化する辺りにチャンスがある、と睨んだ。

8時頃から釣り始め、9時頃に20センチが一枚。

その後もフグはわりと頻繁に口を使うが本命はなかなかこない。

10時頃、やや風が強くなってきた。

そして、実績の高いポイントにてヒット!

も、最初の引き込みであっさりバラシ。

だけど、今が時合いのはずと同じポイントにてねばる。

3−4投目に再び当たり。

クロの走る向きと竿の向きを確認しベストの状態と保ち慎重にやり取りをする。

水面に出てきたクロは盛んに顔を振るがハリもはずれない。

余裕で玉網入れし30センチ、塩焼きサイズか?と堤防へあがると40センチ。

思ったよりもいいサイズだった。

そのももう一時間ほど粘るが風が強まり11時納竿とした。
posted by okapi at 21:19| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

2014年07月21日のつぶやき #dokusyo


posted by okapi at 00:01| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

なんですか?コレ。

海の日。

対岸近くにある海水浴場のアナウンスがうるさく感じられる中、釣行した。

8時頃から開始したと思うが、川寄りのポイントでフグが食う程度で、

少し沖寄りのポイントでは全くの無反応だった。

3時間程度経過した頃、カニを落とした瞬間に何かに攫われる。

全く手応えのない引きにヌーと浮いてきたのは、何やら細長い魚体。

これって鱸かな?それにしては引きが弱い。

と思いつつ、玉網入れ。

堤防に上がり、常連のおじさんに

「なんすか、コレ?」

答えは「ニゴイ」との事。

まあ、河口だからあり得るけど黒鯛釣りで淡水魚が釣れたのは初めてだ。

せめて食べられる魚が釣れて欲しい。

posted by okapi at 22:01| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

2014年07月18日のつぶやき #dokusyo


posted by okapi at 00:01| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

逃がした魚は大きいと言うが・・・

雷注意報が出ているとのことで様子を見ていたが、

天気は良くなる方へ向かっている様子にて釣行した。

連日の雨のせいか、河口の水門が閉じていた。

海水は泥色に濁り、草やごみがたくさん流れてきていた。

10時半頃から釣り始めるも全く当たりなし。

フグさえ食ってこない状況が二時間ほど続く。

雷どころか、日差しが強くなり肌をジリジリと焼く。

お昼を過ぎ、そろそろ最後の一投というとき、竿先を押さえる当たりがきた。

すかさず合わせると、猛烈な引き込みが襲ってきた。

それでも少しずづ浮かせているし、障害物もない。

顔を水面に出し、空気を吸わせてしまえば大丈夫と考えながらこらえていた。

そして、ようやく水面に顔が見えた。

デカイ!と思った瞬間、スッと竿が軽くなる。

はりが口からはずれてしまったようだ。

興奮と強烈な引きでしばらく手の震えがとまらなかった。

posted by okapi at 20:47| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする